テーマ:外国文学

「ゼロ時間へ」アガサクリスティ

BS2で放送された「ゼロ時間へ」を見た。面白かったので原作を読んでみる。これはびっくり。原作はミス・マープルシリーズではなかった。でも、うまい脚本だ。ドラマは十分楽しめる。原作よりいい感じだ。 話はそれるが、NHKで放送される海外のミステリードラマは本当に面白い。原作の雰囲気をうまく残してるところがまた良し。 ゼロ時間へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「キャッチャー・イン・ザ・ライ」J.D.サリンジャー

昔からタイトルはよく耳にするが読んだことはなかった。 サリンジャーが亡くなり、注目を浴び始めたのをきっかけに読んでみた。 読んでみると、「頭がいいってどういうことだろう」と考えさせられる。 主人公はほんとうにダメ人間にくくられるようなタイプなんだけど でも言ってることに考えさせられたりする。 とはいうものの、なんでこん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」スティーグ・ラーソン

今世紀話題のミステリーとあるので借りてみた。 犯罪がぐろくて読むのがつらかった。 ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上早川書房 スティーグ・ラーソン Amazonアソシエイト by ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上早川書房スティーグ・ラーソンユーザレビュー:特徴的な点をいくつか ...1万円を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「優雅なハリネズミ」ミュリエル・バルベリ

ジャンルの幅を広げようとフランス小説に挑戦。 主人公が「知的」という設定なので、言ってることがむずかしー。 ちょっと今まで読んだものとは一味違ってて楽しめました。 優雅なハリネズミ早川書房 ミュリエル・バルベリ Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中断】「アメリカの鳥」メアリー・マッカーシー

ゆっくりストーリーが動いていく。どこから本題なのか。 時間がたっぷりあれば最後まで読もうと思うが、今の限られた時間、この本に費やすのはちょっともったいない。 そう思って途中でやめた。 アメリカの鳥 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集2)河出書房新社 メアリー・マッカーシー Amazonアソシエイト by ウェブリブログ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「すべては遠い幻」ジョディ・ピコー

「わたしのなかのあなた」が面白かったので、この作者の本をもう一度。 あらすじみるとドラマティックなのでそれだけでひきこまれるけど 今回は途中つまんなくなっちゃいました。 それに、「子供が誘拐」というようにコドモが被害にあうような話は (この小説はそーいうわけじゃないんですが) 読んでいて気分いまいち。育児中にはふさわしくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最終目的地」ピーター キャメロン

普段、相方と本について意見があうことはまれだが、これは2人して面白いと意見一致した。 本の帯に書かれたあらすじから想像したものと違っていたが、読後感がよい。 どうやら映画化されているらしい。 サイトをみると、アンソニーホプキンスも真田広之も当たり役。映像の雰囲気もイメージに合う。ぜひとも日本で公開してほしい。 最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日の名残り」カズオ イシグロ

日の名残り (ハヤカワepi文庫)早川書房 カズオ イシグロ Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 日の名残り コレクターズ・エディション [DVD]ソニー・ピクチャーズエンタテインメントユーザレビュー:選択されなかった人生 ...優美で切ない ジェー ...静かで穏やかな、「大 ...Amazonアソシエイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ディビザデロ通り」マイケル オンダーチェ

「イギリス人の患者」で知られるマイケル オンダーチェの作品。 初めて読んでみた。 びっくりしたよ。物語が終わらないまま、他の話が始まってるー。こういう小説があっていいの? あー、不思議。 ディビザデロ通り (新潮クレスト・ブックス)新潮社 マイケル オンダーチェ Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「わたしを離さないで」カズオ イシグロ

ロビオさんから借りた本。 一気に読んでしまいました。読み終わった後もなかなか現実に帰ってこれず。 久々に圧倒された作品。 ショッキングなストーリーだけど本当に面白かった。本については滅多に意見の合うことのない連れもこれについては面白いと言っていた。 「日の名残り」の作者と知って、納得。「日の名残り」原作も読んでみよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「母の眠り」アナ・クィンドレン

メリルストリープ主演映画原作のコピーにひかれて借りてみる。 メリルストリープを信頼してるのだ。 メリルストリープ演じる(おそらく)母親が末期癌でどんどん具合が悪くなっていく描写を読むと こっちまで寝たきりになりそうな感じなので、どうしても読む速度は速くなる。 味わって読むということができなかったけど、面白い小説だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コーンワルの夏」ロザムンド ピルチャー

この人の小説はなんと面白いのだろう。 限りがあるのでちまちま読んだり、洋書で読んだりしているが、 久々に翻訳してあるほうを読んでみた。やっぱり面白かった。 展開ができすぎでロマンチストすぎるのかもしれないけど 本に没頭しているときくらいこんな世界にいたい。 コーンワルの夏日向房 ロザムンド ピルチャー Amazon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「杉の柩 」アガサクリスティー

ミステリーはやめられない。ときどき読んでしまう。 クリスティばかり。他にもないかなぁ。 杉の柩 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 1-11))早川書房 アガサ・クリスティー ユーザレビュー:法廷でのどんでん返し ...一番♪ロマンチックな ...彼女は犯人か否か主人 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「きみに読む物語」ニコラス スパークス

きみに読む物語新潮社 ニコラス スパークス Amazonアソシエイト by ウェブリブログ きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]ハピネットユーザレビュー:映画で描かれていない ...単調な恋愛映画え〜・ ...不変の愛年老いても夫 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ウォーク・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パイロットの妻」アニータ シュリーヴ

なんとなく手にとって読んでみた本。 面白かった! 詳細を語ろうとするとネタばれになりそうなのでやめるが、久々に面白いと思える本に出会えて嬉しい。 パイロットの妻 (新潮クレスト・ブックス)新潮社 アニータ シュリーヴ ユーザレビュー:カセット6巻組、全長 ...美しいお話ですパイロ ...素晴らしい淡々とした ...A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「白の闇」ジョゼ サラマーゴ

映画ブラインドネスの原作。通信教育(英語)の教材にこの映画があり、 パニック映画と思いつつもストーリーが気になって借りてみた。 映画が原作をどこまで反映してるかわからないが、やっぱりパニック映画。 こんなことが起こらなければいいなとただ思う。 白の闇日本放送出版協会 ジョゼ サラマーゴ Amazonアソシエイト by ウ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「アクロイド殺人事件」クリスティ

クリスティの代表作ともいえる作品のようなので読んでみた。 最近クリスティの本をコンスタントに読んでいるが、その中では読み応えあるミステリーだった。満足。 アクロイド殺人事件 (1958年) (新潮文庫)新潮社 クリスティ Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホース ウィスパラー」ニコラス エヴァンス

あらすじもわからないままなんとなく借りてみた。 読み始めるとロバートレッドフォード監督主演作品の「モンタナの風に吹かれて」の原作とわかる。 でも、ラストは映画とまったく違った! 原作の方が強引な展開のような気もするが、映画の終わり方もきれいすぎる・・・ どっちがいいのかなー。 ホース ウィスパラー〈上〉新潮社 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラックベリー・ワイン」ジョアン ハリス

最初だらだらした展開で挫折しそうになるが、主人公がフランスに行ってからぐいぐいと引き込まれていく。後半は一気に読め、気分爽快なストーリーでした。 ブラックベリー・ワイン (BOOK PLUS)角川書店 ジョアン ハリス Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ロザムンドおばさんのお茶の時間」ロザムンド ピルチャー

1冊目「ロザムンドおばさんの贈り物」を読んで、ほのぼのした気分になれることはわかっていた。 ちょっとそんな気分になりたくて、奥の手を使うような感じ。 そうは言いつつも、この文章ならオリジナルで読めるかもとAmazonで原書を購入。 まだ全部読んだわけじゃないが、原書で読んで自分が思い描いた部分と翻訳がそうかけ離れてなくて、嬉し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「わたしのなかのあなた」ジョディ ピコー

英語お勉強のサイトでみつけた本。原題は「My Sister's Keeper」 Readingのトレーニングというよりあらすじ読んでいたらストーリーが気になっちゃって ストレスなく読もうと翻訳を図書館で借りてきました。 白血病の姉を持つ妹の話。 原文とひるんだ理由に医学用語がいっぱい出てくるんじゃないかと思ったけど、それより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more