【中断:ひどすぎる】「小沢一郎の功罪」佐高信

たまには真面目に政治家を知ろうと思って借りてきてもらったのに この本はひどすぎる。 タイトルにある「小沢一郎」の話はほんの少しだし、「功罪」の「功」も乏しい。 ぱらぱらとめくって小沢関連の話を探したけど、ないのでやめました。 非難ばかりしているこの本、こっちが非難したいよ。 人の非難は読んでいて気分悪いし、ホント最悪。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天国旅行」三浦しをん

心中をテーマにした短編集。 斬新な発想には驚かされるが、しかしテーマがテーマなだけに暗い。 この作者、暗い時はおもいっきり暗いなぁ。 天国旅行新潮社 三浦 しをん Amazonアソシエイト by
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「奥薗流・いいことずくめの乾物料理」奥薗 壽子

乾物料理のイメージが変わった! 常備野菜、常備するものの戻すことにとらわれてなかなか使わずじまい。 さっそく作ってみようと思った切干大根の賞味期限が大幅に切れてた、というほど。 読んでビックリ、そんなに戻すことにとらわれなくていいんだ! 目から鱗。 干しシイタケの軸に利用方法があるなんて知らなかった。 奥…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「かあちゃん」重松 清

様々なかあちゃんが登場するこの小説。 自分はいったいどんなかあちゃんになるんだろうと思いながら読んだ。 あーなりたくない、こーなりたい、等々。 にしても、構成は「告白」みたい。こういうのがはやりなんだろうか。 かあちゃん講談社 重松 清 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しずかな日々」椰月 美智子

児童文学作家、なのかな? 読みやすい。 穏やかで淡々と過ぎていく。読後感は爽やか。 相方に言わせれば「毒にも薬にもならない」 そうともいう。 でも、読んでいる間、気持ちよかった。 しずかな日々講談社 椰月 美智子 Amazonアソシエイト by
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「君たちは何のために学ぶのか」榊原 英資

あっという間だったけど面白い本だった。 今まで誰かと取り換えのきく(=プロフェッショナルでない)仕事をし、 今は休みで過去にやったその仕事すら忘れてる現状。 復帰時にはいったいどうなるのか。 好きな英語だけは再開したけど、それも本腰入れねばと思うし、 英語ができても手に職付けることとは違う。 育休までの出向中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「悼む人」天童 荒太

面白かった。永遠の仔みたいな展開だったらどうしようかと思ったけど安心して読めた。 しかし、どうなればハッピーエンドなのか考えさせられる。 悼む人文藝春秋 天童 荒太 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「左岸」江國 香織

図書館で予約してから1年半は経過しただろうか、やっと手元に。 しかし、ワタシが江國 香織に求めるものがこの本にはない。 らしくなく波乱万丈なストーリーだ。 最後に、謎ときでもあるかとそれだけをあてにして 最後まで頑張って読む。 謎解きもなく。うーん。がっくし。 左岸集英社 江國 香織 Amaz…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「砂漠」伊坂 幸太郎

伊坂 幸太郎 の本。ダンナが絶賛。 たしかに面白い。 伊坂 幸太郎 を知るきっかけとなった「重力ピエロ」はつまんなかったのに、 でもこれがこの人を有名にさせたんだと思うと不思議だ。 砂漠実業之日本社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「猫を抱いて象と泳ぐ」小川洋子

これまた一度借りたが読む時間がなくて断念、もう一度予約した本。 読む本がある時に限って予約した本が集中する・・・。 今度こそ読破せねば。 けっこう覚えていて途中からでもすっと世界にはいれる。 読んでいくと心が穏やかになる。チェスはわからないけど、これほど楽しめるって この作家の文章力には恐れ入る。 静かな静かな本。久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フリー」クリス・アンダーソン

一度借りたが出産後まもなく読む時間がつくれず、やむなく返却。 再び予約してやっとやってきた。小説でないマーケティング本は本当に久しぶり。疲れた。でも読み応えあった。 たまにはジャンルの違うものを読んで頭に刺激をいれないとなー。 残念なのは今の自分には有意義なことが多すぎて、メモリいっぱい、脳味噌からこぼれおちるー。 フリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「シャキッと炒める」を英語で言うと」加藤 裕子

英語のコーナーにあったけど英語を勉強するものではなく・・・ 海外生活の体験レポ、みたいな感じ。 ちょこちょこボキャブラリーも出てくるけど、ちょこちょこすぎて印象に残らず。 でも、面白かった。この人の寿司の本、ちょっと読んでみたくなった。 「シャキッと炒める」を英語で言うと幻冬舎 加藤 裕子 Amazonアソシエイト by…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「トレイルランニング――入門からレースまで」

山羊くん直筆サイン本を借りて読む(そこまでやったら買いなさいって) 以前読んだ本の改訂版なので目新しいことは少ない。けど、女性のために一章設けてあったりその配慮は嬉しい。 登場する写真のなかに知ってる顔もちらほら。 何より鏑木さんのレース参戦記が非常に面白かった。 トレイルランニング――入門からレースまで岩波書店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「英語ができない私をせめないで」小栗 左多里

英語を勉強する動機づけが自分と違うので 作者が何を試すも、続かないだろうな~と思いながら読む。 しかし、勉強法はいろいろある。 コミックなので読みやすい。息抜き息抜き 英語ができない私をせめないで!―I want to speak English! (だいわ文庫)大和書房 小栗 左多里 Amazonアソシエイト …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「四つの嘘」大石 静

昔、このドラマを少し見てしまい、ストーリーが気になっていた。 テンポよく、さくさく読める。 頭の中には、ドラマの登場人物が浮かぶからイメージしやすい。 にしても、ドラマの出演者たちはどれもイメージどおり。見事。 ってドラマが先にあるからそう思うのか。 四つの嘘 (幻冬舎文庫)幻冬舎 大石 静 Amazonアソシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more