「血統」門井 慶喜

この人の本はうん蓄たっぷりで面白い。初期の本は設定がぶっとびすぎてていまいちだったけど、重ねるごとにうまくなっていく。というわけで、新書が出てたようなので読んでみた。

初の長編だった。
けっこう衝撃的な内容。ラストも。

読み終わってもなかなか切り離すことができず。



血統(ペディグリー)
文藝春秋
門井 慶喜


Amazonアソシエイト by 血統(ペディグリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"「血統」門井 慶喜" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント