「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」ティナ・シーリグ

5ドルを2時間で増やせと言われたら。

ギャンブルしか思いつかなかった。ミソは5ドルを無視すること。確かに「2時間でお金を稼げ」と言われたら選択肢がみえてくるかもしれない。このモノの見方。はっとさせられた。

本全体に目から鱗な話が入っているけれど、重要なのは、この5ドルで2時間、だと思う。

この本を確かに20歳の頃に読んでいたら世界は変わってたかもしれない。
と同時に、20歳の自分にこの本の内容を理解するキャパはなかっただろうなぁととも思う。



20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
阪急コミュニケーションズ
ティナ・シーリグ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」ティナ・シーリグ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント