「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」加藤 陽子

自分が借りた本ではなかったのだが、面白いと薦められて読んだ本。

確かに面白い。返却期限が迫る中、必死で読んだ(結果、1日遅れてしまった)

「人を殺してはいけない」くらいの道徳を持ってるであろう人々が
どうしてそんなに戦争を選んだのか、この素朴な疑問。

その答えへのアプローチを教えてくれる本。
こういった素朴な疑問を投げ続けるのが歴史家なんだそうな。
そう知ると歴史家も凄いなと思う。

一番知りたかった勝ち目のない太平洋戦争をなぜ選んだかというところは
慌てて読んだせいもあって、いまいちしっくりこなかったけど、
他は「ふむ、なるほどなるほど」と非常に面白かった。

歴史を知るまた別の方法を知ったということでも有意義な本だった。

「戦争」がテーマなのに、悲惨さがまったくない、感情論にならずに読めたところも嬉しい。


それでも、日本人は「戦争」を選んだ
朝日出版社
加藤 陽子


Amazonアソシエイト by それでも、日本人は「戦争」を選んだ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」加藤 陽子" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント