「猫を抱いて象と泳ぐ」小川洋子

これまた一度借りたが読む時間がなくて断念、もう一度予約した本。
読む本がある時に限って予約した本が集中する・・・。

今度こそ読破せねば。
けっこう覚えていて途中からでもすっと世界にはいれる。
読んでいくと心が穏やかになる。チェスはわからないけど、これほど楽しめるって
この作家の文章力には恐れ入る。

静かな静かな本。久々に読んで良かったと思えた。


猫を抱いて象と泳ぐ
文藝春秋
小川 洋子


Amazonアソシエイト by 猫を抱いて象と泳ぐ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"「猫を抱いて象と泳ぐ」小川洋子" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント