「抱擁、あるいはライスには塩を」江國 香織

やはりこの人の小説を読んでいると呼吸が落ち着く。 最近の恋愛小説には少々うんざりしてたのだけど、これは家族小説。面白かった。 登場人物がそれぞれ章ごとに話し手になって進める手法は流行りなのだろうか。 抱擁、あるいはライスには塩を集英社 江國 香織 Amazonアソシエイト by 抱擁、あるいはライスに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more