「悪人」吉田 修一

世ノ介に続き、吉田 修一の小説2作目。

主人公をストレートに表現するんじゃなくて、まわりの登場人物のふるまいによって
主人公がどんな人物だったかわかるようになっていく・・・
その手法は世ノ介に共通。こういうスタイルなのかな。
あからさまじゃなくて、その表現方法はいい。

タイトルがタイトルだけに悲しい結末だけど。
世ノ介のような明るい話のほうが好きかもなぁ。



悪人
朝日新聞社
吉田 修一


Amazonアソシエイト by 悪人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック