「考えない練習」小池 龍之介

考えてもしょうがないことをつらつら考えてしまうし、
妄想癖といってもいいくらいしょうもないことを考える自分。
もっと自分の思考をコントロールできないかと思ってたら、なんとどんぴしゃなタイトルが。
「考えない練習」
まさにこれをしたい!
図書館で借りてきた。

最初からもっともな話ばかりで改めて自分のなりふりを振り返る。

「話す」「食べる」「聞く」「書く」などなど1つの動作に集中するということ。
それは実にシンプルで1つを除いては心がけでできそうだ。
練習が必要なのは、「正しく考える」ことだ。

「念力」気づく力
「定力」心の働きを変える
集中して意識をコントロールして、ぐっとつかまえて、一つの場所に集める。
心が非常なスピードで散乱をしてあちこちに行ってしまうのを集めて、一か所にぐーっと定めること


普段から「いま自分は五感のうち、どれを使っているのか」ということに自覚的になる


寝る前とか無駄に考えて、そのことでかえって寝付けなくなったり、
自分のこの考えることで貴重な人生を無駄にしているかもしれない。

ちょっとやってみよう。

また間をあけて読み直してみたいと思う。

考えない練習
小学館
小池 龍之介


Amazonアソシエイト by 考えない練習 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック