「かあちゃん」重松 清

様々なかあちゃんが登場するこの小説。
自分はいったいどんなかあちゃんになるんだろうと思いながら読んだ。
あーなりたくない、こーなりたい、等々。

にしても、構成は「告白」みたい。こういうのがはやりなんだろうか。


かあちゃん
講談社
重松 清


Amazonアソシエイト by かあちゃん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック