「英語ができない私をせめないで」小栗 左多里

英語を勉強する動機づけが自分と違うので
作者が何を試すも、続かないだろうな~と思いながら読む。

しかし、勉強法はいろいろある。

コミックなので読みやすい。息抜き息抜き




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック