「闇の子供たち」梁 石日

裏のあらすじ読んで、げんなりすることは目に見えていた。最近映画化され、宮崎あおいがどんな役をどんなふうに演じるのかが気になって手に取ってしまった。Amazonのレビューを読めば、途中で本を閉じた人もいるという。きっと後悔するんだろうな。

これもまた1日で読破。途中からは早く終わらせてしまいたくて読んだ。

結局のところ、
ノンフィクションととらえれば得た情報はある。けど、こういった悲惨な現実(小説だから事実じゃないところもあるだろうけど)を知っても、自分がどう行動すべきかどんな意見を持つべきかまったくわからない。ただ知るだけだ。そして、ただうんざりするだけ、何も変わらないので。

ノンフィクションだろうとフィクションだろうと、書き手のメッセージみたいなものはわからなかったなー。
解説には、ポイントはラストだ、みたいなことが書いてあったが、それがメッセージというには唐突すぎてしっくりしなかった。

読み終わって、ほんとにぐったりした。気力をとられた。


闇の子供たち (幻冬舎文庫)
幻冬舎
梁 石日

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック