「さまよう刃」東野 圭吾

ストーリーの展開が気になってまた東野 圭吾の本を手に取ってしまった。
「正義とは何か?」がテーマの作品だけど、この息つかせぬ展開、まったくもってミステリー。

けっきょく1日で読破してしまった。

最後に重要な役となる刑事たちが前半ぱっとしない、印象にも残ってないのでラストは「はぁ?」って感じだった。早読みゆえおいしいところを逃した。



さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)
角川グループパブリッシング
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック