「手紙」東野 圭吾

「容疑者Xの献身」で感嘆し、しばらく東野 圭吾ワールドにひたりたくなった。
というわけで、古本屋で物色。映画化されたともいうこの本を読んでみることにした。

奇抜な設定、いったいどこに持っていこうとするのか予想もつかない結末。

容疑者Xの献身ほどじゃないけど、見事に裏切っていただきました。



手紙 (文春文庫)
文藝春秋
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック