【挫折】英語の冒険 メルヴィン・ブラッグ

タイトルからして惹かれるものがある。

英語っていろんな言葉が混ざってできたものとは聞くけど、それがどうやってできたのか
そんなアプローチで英語にせまってみたら、また違う魅力に気づくんじゃないかと思って借りてみた本。

しかし、普段読み慣れない歴史ちっく、言語学ちっくな文章は私には難解で
またTOEIC試験準備で(付焼刃)時間もとれないこともあって

あえなく断念。

今日、本返してきます。また気が向いたら借りてみます。
もしもし誰か読んでみたら感想お聞かせください。ふー。

英語の冒険 (講談社学術文庫 1869)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック