「ロザムンドおばさんの贈り物」ロザムンド ピルチャー (著),中村 妙子 (翻訳)

図書館で手に取ってみた本。

短編集。
1つ1つのストーリーは、できすぎな設定ではないし、ドラマティックでもない。
ビッグなHappyがあるわけでもない。読み終わったあと、心がほんわかする。
そんな話ばかりを集めた本。タイトルは的を得ている。シンプルに「いい本だなぁ」と思う。

言葉も複雑ではない。これだったら洋書で読めそうと思わせるシンプルな文章なのに、でも繊細。

久々良いものに出会えた。

ロザムンドおばさんの贈り物

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック