「走ることについて語るときに僕の語ること」村上 春樹

村上春樹さんのファンではないが、作家が走ることについてどういうことを書くのか興味があり、知り合いから我儘いって借りて読んでみた。
ランナーが走ることについて書いた本はたくさんある。
作家が、というあたりがポイント。

読んでみれば、偉大な作家といえども、ランにおいては一市民ランナーで
考え方とかすごく身近に感じた。
自分は違うなぁとか同じだなぁと思ってもそれは知り合いランナーの話をきいたときと
同じような営みで、なんだか嬉しい。

あの本は、ちょっと走ってる人にとってみると刺激をうけたり興味深いものになるのではないだろうか?
走ったことがない村上春樹ファンはどう思うんだろうか。

いろいろ参考になりました。

走ることについて語るときに僕の語ること

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック