「Pretending the Bed Is a Raft」Nanci Kincaid

映画「死ぬまでにしたい10のこと」をみて、なんとなく原作を原書で読んでみたいと思った。

映画のオフィシャルサイトにもはっきりタイトルが載っていないので、作者を調べ、その作品リストから「これかなぁ」というのをセレクトし、Amazonで注文。

届いた本は短編集だった・・・!

どこに原作が入ってるかわからない。ともかく最初から読み始める。案の定途中で諦め、1,2年は本棚の中。

最近英語の勉強を始めるにあたって再び読み始める。単語がわからないけど、なんとなく雰囲気をつかんで読んでいく。日本の小説を楽しむように読める。
ときどき「傷に塩を塗りこむ」みたいな日本にもあるような表現も出てくるのがまた興味深い。(正しい表現は忘れちゃいましたが)

やっと最後の短編。これがやっぱり目的の映画の原書でした。

主人公の名前も、リストの数も、残したリストも映画と違う。

でも、「あ、この部分、あのシーンだ」と思わせる情景もあって、原書を読むことの楽しさを感じることができました。

Amazonのレビューをみると、けっこう不評が多くて驚く。映画と別物、映画と違う楽しみ方を求めてる場合にはけっこう楽しめると思うのだけど・・・。

それは読解力不足のワタシだから楽しめたのか。

にしても、このナンシーキンケイドの作品はもっと日本で受け入れられると思う。この作品意外に翻訳されたものはなさそうだけど、気が向いたら、もとい気力が沸いてきたら読んでみたいと思う。

わからない単語はどんどん読み飛ばしてるので、ボキャブラリーが増えた感はない。
Pretending the Bed Is a Raft: Stories

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 2013

    Excerpt: 「Pretending the Bed Is a Raft」Nanci Kincaid ほん読みました。/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-10 06:21