「ぬるい眠り」江国香織

駅の中刷り広告で、江国さんの新刊を知った。
つい最近まで大好きな作家だったのに、このところはイマイチである。そう思って距離をとっていたのだが(というか、距離をとるまでもなく、本が出ていなかった)、

「きらきらひかる」の十年後

というキーワードにひかれ、ついでに文庫だったこともあって、やはり買ってしまった。

「きらきらひかる」はワタシがはじめて読んだ江国さんの小説である。文章でなんともいえない雰囲気を作れることに感動した。ストーリーも好きだけど、本の中の雰囲気が好きだ。

江国さんの本で一番好きな本は?と聞かれると答えに困るが、一番印象的な本はと聞かれればこの本かも。
誰だって最初に読んだ本が一番印象的か・・・。

昔書いた小説を集めた短編集になっている。中にはどこかで読んだような、でもどこで読んだか思い出せない小説もある。「きらきらひかる」の続編も主役たちの話ではなく、彼らは脇役として登場する。でも、笑子と睦月の持ってる雰囲気は変わらないまま描かれていてそれには凄い小説家だなぁと思う。


昔の小説というだけあってどちらかといえばワタシが好きな頃のものに近い。

読めば気持ちも落ち着くのもいつものことだけど、ちょっとなんだか寂しい気持ちにもなる。1日中引きこもってるせいかもしれないけど。

江国さんが変わってしまったんじゃなくて、自分の好みが変わったかのかな。

ぬるい眠り

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みわ
2007年03月06日 15:48
はじめまして。
最近の江國さんの作品、私もちょっと苦手でした。
でも、この本は昔の作品を集めただけあって、
私の好みの江國さんでしたよ。
江國さんが変わったのか、私が変わったのか・・・。
私も考えたことありますけど、やっぱり江國さんが変わったんじゃないかなーって思います。
だって、昔の作品は今読んでもやっぱりいいんですもん。
TBさせてもらいますね。
rimb
2007年03月14日 12:46
みわさん、コメントありがとうございました。
やっぱり江國さんが変わったのかな・・・?
でも、「昔に戻って」と願うのも変だし、どうやら今はあまり執筆せずに充電期間なのでしょうか。それだったら、これからどう変わっていくのか見守りたいですよね。
好きな作家というのもどんどん変わっていきますよね?そんなことはないですか?

この記事へのトラックバック

  • ぬるい眠り / 江國香織

    Excerpt: 文庫の新刊です。ここのところ東京タワーなど夫婦を書いたものが多かったのですが、どうも私にはしっくりこなくて・・・。でも、久々に「あぁ、昔の江國さん風だぁ」といった作品です。なので以前の江國さんの作品が.. Weblog: 活字中毒 racked: 2007-03-06 15:48
  • 江國香織の「ぬるい眠り」を読んだ!

    Excerpt: 意外や意外、と自分で思ったのですが、江國香織の作品、最近はまったくと言っていいほど読んでいませんでした。調べてみたら、ほとんどが2004年12月に僕がブログを始めた以前にしか読んでいませんでした。江國.. Weblog: とんとん・にっき racked: 2007-04-13 23:58