「停電の夜に」ジュンパ ラヒリ

これが今年最後の本かな。
一度挫折したけどなんとなくまた読みたくなって手に取った。
読み始めてみるとなぜ前回やめたのかわからない。読みやすくどんどん引き込まれる。
インドを舞台にしたりインド系の人物が出てきたり、今まで味わったことの無い雰囲気。

ストーリーもシンプルなハッピーエンドじゃなく、どちらかというと悲しい終わりだったりするのだけど、自分の心には悲しみじゃなくて、じーんとしたものが残る。

はじめて読んだ作家さんだけど、他も読んでみたいと思わせる1冊。

停電の夜に

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック