「ソフィーの世界」ヨースタイン ゴルデル

最近「ソフィーの選択」の作者が亡くなったという記事を読み、ちょっと「ソフィーの選択」に興味を持った。知り合いが持っているというので借りてみたのだけど、
それは「ソフィーの世界」だった

でも、せっかくなので読んでみる。

ミステリーな展開で物語は始まるが、これは哲学の本。普段小説ばっかの読みやすいものばかり読んでた者にとっては、固いせんべいをばりばりと食べるような感じ。脳の刺激になる。

哲学の部分は難しくてやめたくなるけど、話の展開が気になるから頑張って読んでしまう。哲学の部分も比較的わかりやすく書いてるので哲学苦手な人にはオススメかも。(自分含め)

むちとあめが1つの本に入ってるような感じ。

ずいぶん時間がかかったけど読み応えあり。たまにはこういった本を読まないといけません。時間がたったらもう一度読んでみようかな。

ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙〈上〉ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙〈下〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック