「タイムトラベラーズ・ワイフ」オードリー・ニッフェネガー

「小川洋子絶賛」のオビに惹かれて図書館で借りてみる。
洋書は翻訳次第・・・なんてびくびくしながら読み始めた。
翻訳独特の文調に加えて、最初は何が起こってるかわからない。

ふと、要所要所に出てくる日付を意識し始めた。

からくりが分かり始めると、面白い。はまる。

ほんと切ないラブストーリー。

この作者の本は他にもないものかとamazonで探してみると
きみがぼくを見つけた日」という文庫本がヒットする。これ、同じ本。

でも、このタイトル、かなりいい。言い得ててます。
素晴らしい訳し方だと思う。もちろん原題のままもよいのだが、ストーリーを知ってこのタイトルをみると凄いっって思う。

タイムトラベラーズ・ワイフ 上タイムトラベラーズ・ワイフ 下

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック