「星々の舟」村山由佳

「天使の卵」と同じ作家と思えない作品。

1つの家族の一人一人毎に章になっている。
兄妹の話でもその関係を兄の視点、妹の視点から描いてあって面白い。

また、最初から最後まで登場する父親はそれぞれの章の中では
何も語らない寡黙な人物だけど、
一番最後の章はその父親が主役となって「よく語っている」。

あの黙ってるときにはこんなことを考えていたんだ、というようなシーンがあったり。

例えばいくら謝っても、時間がいくら経っても、
幸せになれないこともあるんだなぁ、と素朴に感じた。
決して悲観的ではなく、素朴に。

星々の舟

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック